マンション売却

マンションを売るタイミングで数百万円もの差が!時期の見極めが大切

更新日:

マンション

物には、売却に適した時期やタイミングがあります。

たとえば風邪薬やマスクは、夏よりも冬のほうが売れます。

逆に、冬に水着を売っても売れないでしょう。

マンションにも売却に適した時期タイミングがあり、それによって売れるかどうか決まります。

私は、マンションを売却するタイミングと時期について徹底的に調べたうえで、自宅マンションを売却しました。

そのときに得た知識を紹介していきますので、これからマンションを売る人はぜひ参考にしてください。

マンションを売るベストタイミングは人が動く時期

マンション

マンションを売るベストタイミングは、人が動く4月9月の1〜2ヶ月前です。

つまり、2〜3月と7〜8月が売り時ということになります。

4月と9月は、転勤などによって引っ越す人が多く、不動産業界の繁忙期になります。

そして引っ越す人たちは、新生活が始まるまでに住めるように、1〜2ヶ月前から物件を探し始めるのが一般的です。

私は、ちょうど6月にマンションを売ることが決まったので、7月に売り出せるように準備しました。

マンションを売るためには部屋を片付けたり、売却依頼する不動産会社を選んだりする必要があるため、ベストタイミングの2週間〜1ヶ月前から準備を始めると良いと思います。

売り急いでしまうと、不動産会社の選択をミスしてしまったり、防げるはずのトラブルの種を見逃してしまう可能性がありますので注意してください。

東京オリンピック前に売るのがベター

オリンピック

2020年におこなわれる東京オリンピックは、マンションの価格に大きく影響すると言われており、売却するのであれば開催前にするべきでしょう。

多くの専門家が、東京オリンピックが開催された後、土地の価値は下落すると見立てているからです。

そして下落すると、しばらく上がる見込みもないという人もいます。

価値が下落して「あのとき売っていれば良かった」と後悔するより、不動産バブルと言われる今、売却したほうが良いと思います。

そもそもなぜ今、不動産バブルになっているのかというと、東京オリンピック開催が決まった際に、中国などの投資家が一気に日本の土地を購入したからです。

そして投資家たちによって買われた土地は、東京オリンピック前に一気に売り出されます。

ビジネスジャーナルにも、以下のように記載されています。

彼らはあくまでも自分たちの儲け=数字でのみ投資判断を行う。日本人のような面倒くさい「想い」のような邪念は一切入らない。決断すれば一気に売ってくるのも彼らの習性だ。

引用元: 日本の不動産マーケットも崩壊が近い? | ビジネスジャーナル

需要に対して供給が増えすぎ、土地の価値が減ってしまうということです。

現在、マンションを売ることを考えている人は、外国人投資家たちが一斉に不動産を売り、地価が下落する前に売却したほうが良いでしょう。

築年数によって買い手の母数が変わる!

マンションは築年数によって買い手の母数が変わるため、節目の年を目安に売却時期を見定めてください

買い手はスーモなどの物件検索サイトを使って中古マンションを探す際、以下のように条件を絞って検索します。

スーモ

引用元: スーモ公式サイト

  • 築3年
  • 築5年
  • 築7年
  • 築10年
  • 築15年
  • 築20年
  • 築25年
  • 築30年
  • これらの年数を超えるごとに、買い手の母数は減っていくということです。

    たとえば築16年になってしまうと、築15年以内の物件を探している人の目には止まらなくなってしまいます。

    しかし実際には、築15年も築16年もそんなに変わりません。

    築年数が上記の年数をまたぐ前に売却したほうが売りやすくなりますので、一つの目安として覚えておくと良いと思います。

    金利が安い今は狙い目!

    現在、日本の金利はかなり安くなっています

    日本銀行のホームページに、金利の推移データが記載されていましたので参考にしてください。

    引用元: 日本銀行

    金利が安い今は、家の購入を検討する人が多く、売り時といえます

    今後、金利が上がってしまえば、住宅ローンの利用を躊躇する人が増え、なかなか売れない状況になりかねません。

    低金利がいつまで続くかわかりませんので、早めに売却したほうが良いと思います。

    2022年に土地の値段が下落する!?

    土地

    2022年、土地の値段が下落すると言われています。

    なぜ地価の下落が起こるのかというと、2022年に生産緑地(農地)に対する税優遇が終わり、土地を手放す人が一気に増えるからです。

    これは国が対策に乗り出すほど深刻な問題で、「2022年問題」と呼ばれています。

    2020年の東京オリンピックの2年後には、さらに2022年問題という不安材料があります。

    今後どうなっていくか分からない状況ですので、巻き込まれないうちに売却することをおすすめします。

    結論:マンションは今すぐ売るのがベター

    マンションを売るタイミングや時期について紹介しましたが、結論は、今すぐ売るのがベターということです。

    金利が上がってしまったり地価の下落が起こってしまうと、マンションは売れづらくなります

    私はそのような問題に巻き込まれる前に、マンションを売ることができて、本当に良かったと思っています。

    -マンション売却

    Copyright© マンションを高く売ることに成功!380万円UPの秘訣を公開します!jicl.org , 2019 All Rights Reserved.