マンション売却

マンションの売却にかかった期間を公開!3ヶ月で売れるなんて嘘!?

更新日:

マンション

私がマンションを売却するのにかかった期間は、6ヶ月です。

インターネットで調べると、よく「3ヶ月で売れるのが平均」と書かれています。

そのため3ヶ月くらいで売れるのを前提に、スケジュールを立ててしまっていました。

マンションが売却できるまでにかかった期間を、売り出し活動の流れに沿って記録がてら紹介していきたいと思います。

マンション売却の平均期間が3ヶ月なんて嘘でしょ?

マンション

私は、マンションを売却するのに6ヶ月もかかってしまいました

そのため、「平均3ヶ月なんて嘘でしょ」と思ったのが本音です。

どんなにがんばっても、3ヶ月で終わる気がしませんでした。

元不動産会社の友人にそのことを話したところ、売却に時間がかかってしまうケースの特徴を教えてくれました。

売却に時間がかかるケース

  • 連帯保証人の了承が得られない
  • 売主が売却活動に参加しない
  • 不動産業者に力がない
  • 他にもいろいろ言われましたが、大きく印象に残っているのはこの3つです。

    売主が売却活動に参加しない」というのは、自分のことだったので、ドキッとしました。

    何しろ3ヶ月で売れると思っていたので、3ヶ月以降は普通に予定を入れてしまっており、売却活動にはほとんどノータッチと言ってもいいかもしれません。

    逆に、それでも頑張って売ってくれた不動産業者の人には、感謝しないといけませんね

    マンションを売却するのにかかった6ヶ月間のスケジュール

    スケジュール

    マンションを売却するのにかかった6ヶ月間、どのようなスケジュールで売却活動が進んでいったのか紹介していきます。

    業者探し【〜2週間】

    マンションを売却することが決まり、まずは業者探しから始めました。

    どの業者に頼むかによってマンションがいくらで売れるのか決まるため、できるだけ多くの見積もりを集めたいと思い、全部で6社に査定依頼しました。

    ネットで査定依頼を申し込んだあと、仕事の休みである日曜日に不動産業者に来てもらうことに。

    6社一気に査定してもらうことはできないので、2週にわたって査定してもらいました。

    査定結果はすぐには出ないので、査定から3日〜1週間ほど待ちます。

    見積もりを出してもらう【〜1ヶ月】

    マンションを見てもらい、見積もり結果が出たのが売却開始から3週間ほど。

    それから見積もりを比較しつつ、対応が良さそうな業者をピックアップして、どの業者に査定依頼するか検討しました。

    しかし平日は仕事と家事で忙しくて、なかなか見ることができず、結局1週間後に返事をしました。

    媒介契約を結ぶ【〜1ヶ月半】

    売却のお願いをすることは電話で連絡したのですが、直接会って媒介契約を結ぶ必要があると説明されました。

    このことについては、不動産流通近代化センターのホームページにも、以下のように記載されています。

    いずれにしても、媒介契約は口頭で成立させることはできず、この書面交付義務に違反した場合には、業務停止等の行政処分の対象になるということです(同法第65条第2項第2号)。

    引用元: 不動産流通近代化センターのホームページ

    不動産業者には、媒介契約における書面交付が義務付けられているようです。

    週末に予定を入れてしまっていたので、実際に媒介契約を結んだのは、依頼の電話をしてから2週間後です。

    この時点で、すでに売却開始から1ヶ月半経っていました。

    売り出し活動【〜4ヶ月半】

    不動産業者と媒介契約を締結した後、売り出し活動をおこなってもらいました。

    スーモなどの不動産ポータルサイトに掲載してもらったり、チラシを配ってもらったり、看板を立ててもらったりもしました。

    その成果もあって、売却までに7件の内覧会をおこなっています。

    売却開始から3ヶ月以降は、プライベートな用事が入ってしまい、週末に内覧会に対応できないこともありました。

    すぐに対応できていたら、もっと早く売却できていたのかもしれません。

    掃除が十分にできなかったときもあったので、反省しています。

    マンションを売却するのであれば、売却活動に集中するべきだったと思います。

    購入希望者との条件交渉【〜5ヶ月】

    マンションを「買いたい」と言ってくれた人と、条件交渉をしました。

    売却金額もそうですが、もしもマンションの設備などに不具合があった場合、どのように対応するのかなど、細かいことも決めました。

    お互いに条件をすり合わせ、納得がいった条件で売買契約を締結。

    相手がローンの審査に通ったら、正式に売買することが決まる「ローン特約」を付けて売買契約を結びました。

    物件の引き渡し【〜6ヶ月】

    売買契約締結後、2週間ほどで買主から連絡があり、ローンが通ったとのこと。

    その連絡の2週間後に、物件の引き渡しをおこなうことにしました。

    すぐに銀行に連絡して、マンションに付けられている抵当権を外してもらうよう申請しました。

    ローンを借りている人のほとんどは、マンションに抵当権がつけられていると思います。

    外してもらわないと売却できませんので、注意してください。

    売主も積極的に参加すれば3ヶ月で売ることはできる

    マンション

    売主もマンション売却に積極的に参加すれば、3ヶ月で売ることはできると思います。

    私の場合、内覧会に対応できなかったり、掃除ができていなかったりと、自分で売れづらい条件を作ってしまっていました。

    とはいえ、私と同じように仕事などで忙しい人も多いはずです。

    マンション売却にかかる期間は平均3ヶ月と言われていますが、売却活動に積極的に参加できる自信がない場合は、6ヶ月ほど見ておくことをおすすめします。

    ただし売却活動中はできるだけ予定を入れないことが、マンションを早く売るためには必要になってくるというのは、念頭に置いておいたほうが良いかもしれません。

    -マンション売却

    Copyright© マンションを高く売ることに成功!380万円UPの秘訣を公開します!jicl.org , 2019 All Rights Reserved.