マンション売却

マンションを売るときに仲介手数料を値切ると逆に損をするという罠

更新日:

計算機

不動産会社に支払う仲介手数料を値切ろうと思っている人はいませんか?

私も値切ろうとした一人ですが、不動産会社の元社員である友人に全力で止められました。

仲介手数料を値切ると、逆に損をしてしまう可能性があるそうです。

では、仲介手数料を値切るべきではない理由について、詳しく紹介していきます。

マンションを売るときにかかる仲介手数料はいくら?

マンション

マンションを売るためには、不動産会社に手伝ってもらわなければなりません。

そして無事にマンションを売ることができた場合、成功報酬として仲介手数料を支払います

不動産会社に支払う仲介手数料は、以下の計算式で求めることができます。

売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税

引用元: 物件売却時の仲介手数料について | 公益社団法人 全日本不動産協会

売却価格3,280万円にかかった仲介手数料は約112万円

私のマンションは売却価格が3,280万円だったため、約112万円の仲介手数料がかかりました。

最初にこの金額を提示されたときは、「ちょっと高すぎない?」と思ったのが正直な感想です。

チラシ作成による広告費や、営業マンの人件費がかかっているのは分かりますが、もう少し安くできないのか、と。

しかし不動産会社で働いていた友人に「仲介手数料を値切ると損をするよ」と言われ、思いとどまりました。

なぜ損をすることになるのか、解説していきます。

仲介手数料を値切るべきではない理由

お金

不動産業界は、成功報酬となっています。

もしも、あなたが不動産会社の営業マンだったら、どちらのマンションの売却に力をいれますか?

  • A:仲介手数料100万円のマンション
  • B:仲介手数料500万円のマンション

上記は少し極端ですが、Bの仲介手数料500万円のマンションを選んだのではないでしょうか。

誰しも、できるだけ多くの報酬を受け取りたいと思うのは当然です。

また、以下の場合はどうでしょう。

  • A:仲介手数料が高すぎるからと値切ってくるお客さん
  • B:信頼して任せてくれるお客さん

仲介手数料を値切るということは、そんなつもりはなくても「あなたの仕事にそんな価値はない」と言っているようなものになってしまいます。

営業マンを否定し、やる気をなくさせてしまう行為だということです。

不動産会社の人もボランティアでやっている訳ではないので、成功報酬はしっかりと払ってあげましょう。

仲介手数料の値引きはマンション売却の失敗に繋がる

では、仲介手数料を値切って営業マンのやる気をなくさせてしまうと、どうなるのでしょうか。

仲介手数料の値引きによる影響

  • 優先順位が低くなって後回しにされてしまう
  • 買い手へ紹介してもらえず、売れ残ってしまう
  • 売れないから値下げするしかなくなる
  • 結果、仲介手数料を値切った分よりも損をする

担当者がしっかりと動いているかどうかは売主からは分かりづらく、「物件の人気がない」と言われれば、それ以上は追及できません。

不動産会社の元社員である友人も、「人間だから、どうしてもお客さんに優劣をつけてしまうときがある」と言っていました。

不動産会社を信頼して任せるしかないマンション売却だからこそ、営業マンとの良好な関係を大切にするべきです。

仲介手数料「無料」や「半額」にはからくりがある

家の契約

不動産会社の中には、仲介手数料を無料半額にしているところもあります。

私がマンションを売ったときに不動産会社に支払った仲介手数料は約112万円だったため、半額になると56万円もお得になります。

また無料になった場合は、112万円もの費用を浮かせられるということです。

しかし仲介手数料が半額、ましてや無料なんておかしいと思いませんか?

上述したとおり、不動産業界は成功報酬です。

売主から仲介手数料を受けとらないということは、どこか他のところから報酬を受け取っていなければ、仕事として成り立ちません

「両手取引」という落とし穴

仲介手数料の無料や半額には、両手取引されてしまうという落とし穴があります。

両手取引とは、1つの取引に対して、売主と買主の両方の担当をおこなうことをいいます。

「できるだけ高く売りたい」と思っている売主と、「できるだけ安く買いたい」と思っている買主の双方の担当をすることは、本来あまり適切ではありません。

利益が相反する2者を担当して、どちらの意見を尊重するのでしょうか。

察しがいい人は気付いたかもしれませんが、売主の仲介手数料を無料または半額にできる裏側には、買主から報酬を受け取っているという背景があります。

つまり売主の仲介手数料を無料または半額にした時点で、不動産会社は自社で買主を見つけなければ報酬を受け取れないということです。

自社で買主を見つけるためには、他社から物件の問い合わせがあったとしても断るしかありません。

売主の売却チャンスが奪われるということです。

仲介手数料の値引きよりもトクをする方法

どうしても不動産会社の力を借りざるを得ないマンション売却では、営業マンと信頼関係を築き、「がんばろう」と思わせることが成功へとつながります。

仲介手数料を値引きするよりも、どうやったら営業マンのやる気を起こさせることができるか考えましょう。

「こっちはお客さんなのに」と思われるかもしれませんが、不動産会社を上手に利用するつもりで挑まないと、営業マンの策略に飲まれてしまいます

-マンション売却

Copyright© マンションを高く売ることに成功!380万円UPの秘訣を公開します!jicl.org , 2019 All Rights Reserved.