マンション

先日、住んでいたマンションを売り、なんと相場の380万円UPを成し遂げました。

マンションを売るのは初めてだったので不安でしたが、知り合いに元不動産会社の人がいて、いろいろ教えてもらえたので良かったです。

今回は、周りに相談できる人がいないという人のために、マンションを売る流れや何で高く売ることができたのかについて紹介していきます。

売却にかかった期間費用についても公開しますので、ぜひ参考にしてください。

マンションを高く売るためには手続きの流れを把握しておくことが大切!

手続き

「どのような流れでマンションを売るのか分からない」という人も、多いのではないでしょうか。

マンションを売る流れが分からなければ、何から手をつけていいのかも分かりませんよね。

マンションの売却は、以下のように進んでいきました。

step
1
不動産会社選び

step
2
媒介契約

step
3
売却活動

step
4
売買契約

step
5
マンションの引渡し

元不動産会社の人には、とりあえず売却依頼する不動産会社を決めるよう言われました。

どこに売却依頼するのかが決まれば、その後の手続きは不動産会社の人がリードして進めてくれるからです。

ただし、この不動産会社を選ぶというのが最も重要で、最も難しいポイントでした。

まずは見積もり依頼から!不動産会社は慎重に選ぼう

不動産会社

どこに売却をお願いするかを決めるために、まずは何社かに見積もり依頼します。

私は、6社に見積もりをお願いしました。

「6社も!?」と思った人もいるかもしれません。

私も、元不動産会社の人に「できるだけ多くの不動産会社の見積もりを集めたほうが良い」と言われたときは、正直めんどうくさいと思いました。

不動産会社にいくと勧誘を受けそうだし、いちいち連絡してまわるのは憂鬱ですよね。

一括査定サイトで時短手間いらず!

面倒くさい、というのが顔に出ていたのか、元不動産会社の人から「不動産一括査定サイトを使えば良いから」と言われました。

何それ?と思いながら検索したところ、なんだかとても簡単そう!

ということで、元不動産会社の知人が現役時代に使っていたイエウールを利用しました。

イエウールは金額に信ぴょう性があって、お客さんの査定額を出すときの参考になるらしいです。

実際、物件との関係を選ぶ項目に「この物件を調べている不動産会社です」とあったので、使う人が多いのだと思います。

不動産のプロも使うツールだと思うと、安心して利用できませんか?

物件の基本情報を1回入力しただけで、6社にまとめて見積もり依頼できる利便性にも感動しました。

心配していた勧誘もなく、「不動産会社の営業ってこんなもんなの?」と思ってしまうほど。

不動産一括査定サイトを利用した人は、みんなそう感じるのではないかと思います。

値段も大事だけど、担当者との相性はもっと重要

6社の見積もりが集まり、元不動産会社の人にどこを選べばいいか相談したときにもらったアドバイスを紹介します。

  • 大手か中小かは考えない
  • 見積もり金額が安いところは高く売る自信がない会社だから避ける
  • 担当者に対して嫌な感じがしないかも大切

できるだけ高く売りたかったので、とにかく一番高い見積もりを出してくれた会社にお願いしようと思ったのですが、どうしても担当者との馬が合わず、2番目に高い査定額を出してくれた会社と契約しました。

契約前に、もっと高い査定額を出してくれた会社があったことを伝えたところ、「その金額で売れるように頑張ります」と言ってくれたのも選んだ理由の一つです。

値段については後から相談できるため、不動産会社を選ぶ際には、担当者との相性を重要視するべきだと思います。

全日本不動産協会のホームページにも、以下のように記載されていましたので参考にしてください。

いかに丁寧に親身になって査定価格の根拠を説明してくれるのか、その説明内容が合理的で納得できるものかなど、査定結果と不動産会社の対応を踏まえて、「自分に合った」不動産会社を選びましょう。

引用元: 売却物件の価格査定について|公益社団法人-全日本不動産協会

380万円UPした秘訣は不動産会社選びにある!

今回、私が相場より380万円も高く売れたのは、売却依頼した不動産会社が良かったからです。

世の中には、仕事のできる人とできない人がいます。

仕事のできる人に依頼すれば1時間で終わる作業が、仕事のできない人に依頼すると丸1日かかってしまったりします。

大切な資産を売るのですから、仕事ができる人に任せたほうが良いのは言うまでもありません。

しかし不動産という未知の分野になると、その点が見えなくなってしまう人も多いと思います。

不動産会社の中にも営業力の良し悪しがあり、しっかりと見極めるべきだということです。

選択を誤ると、マンションは売れ残り、最終的に安く買い叩かれてしまいますので気をつけてください。

マンションを売るのにかかった期間はだいたい2ヶ月

マンション

私がマンションを売るのにかかった期間は、だいたい2ヶ月です。

ただし不動産会社を決めるまでに2週間かかっているので、正確には2ヶ月半になります。

売却した後に知ったのですが、売却期間の平均は3ヶ月らしいので、平均より少し早かったみたいです。

マンションがどのくらいで売れるかは、不動産会社の力量によって全然違い、営業力がない不動産会社を選んでしまうと「1年以上売れない」ということもあるみたいなので注意してください。

また、売るタイミングによっても売却金額期間に差が出るため、要チェックです。

人が動くタイミングを狙うのがコツ

私は今回、人が動くタイミングを狙って7月に売却しました。

人が動くというのは、転勤などによってマンションを購入する人が増える時期ということです。

日本人が動くタイミングは4月9月なので、その1〜2ヶ月前がマンションを売却するベストタイミングになります。

人が動く時期 売却のベストタイミング
4月 2〜3月
9月 7〜8月

物件を探す人が多い時期に売り出したほうが、たくさんの人に自宅マンションを見てもらうことができ、売却チャンスが広がります

とはいえ、上記以外の時期に売却を考える人もいると思います。

下記の記事で、マンションの売却時期について詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

マンションを売るタイミングで数百万円もの差が!時期の見極めが大切

物には、売却に適した時期やタイミングがあります。 たとえば風邪薬やマスクは、夏よりも冬のほうが売れます。 逆に、冬に水着を売っても売れないでしょう。 マンションにも売却に適した時期やタイミングがあり、 ...

続きを見る

売るときにかかる費用・税金・手数料の合計金額は124万円

お金

私は正直、マンションを売るのにこんなに費用が必要だとは思いませんでした。

マンションの売却にかかった費用は、以下のとおりです。

仲介手数料 約112万円
税金 約2万円
手数料 約10万円

不動産会社に支払う仲介手数料が、こんなに高いとは思いませんでした。

ネットで調べたら仲介手数料は値引き交渉できる場合もあるとのことでしたが、元不動産会社の知人に止められたのでやめました。

仲介手数料を値切るお客さんは、後回しにされてしまうことがあるそうです。

後回しにされてしまうと売却金額が安くなってしまい、結果的に損をしてしまうんだとか。

みなさんも注意してください。

マンションを売るときに仲介手数料を値切ると逆に損をするという罠

不動産会社に支払う仲介手数料を値切ろうと思っている人はいませんか? 私も値切ろうとした一人ですが、不動産会社の元社員である友人に全力で止められました。 仲介手数料を値切ると、逆に損をしてしまう可能性が ...

続きを見る

マンションを売ってみて分かったこと

マンションを売ってみて分かったことは、マンション売却が成功するかどうかは、不動産会社の力にかかっている、ということです。

物件の立地が悪かったり築年数が古かったりと、物件の条件が悪い場合であっても、営業力のある不動産会社なら売却できます

相場よりも高く売りたい人は、ぜひ不動産会社選びにこだわってみてください。

投稿日:

Copyright© マンションを高く売ることに成功!380万円UPの秘訣を公開します!jicl.org , 2019 All Rights Reserved.