住んでいるマンションが古くなってきた、もっと広い一戸建てに住み替えたい、そんな理由からマンションの売却を考える人も少なくありません。しかしそこで多くの人が頭をかかえる問題が新しい物件を見つけてから売却をおこなうか、買い手が見つかってから新しい家を見つけるか、というところです。

マンションを売却するのと同時に新しい家に住み変えるのが理想ですが、なかなかそう上手くは
ことが運べないものです。住み替えるならいつがいいの?どんなタイミングがベスト?そう思った人は参考にしてください。

売るのが優先?それとも買うのを優先させる?

住み替え・買い替え

どちらを優先してもそれぞれメリット・デメリットがでてきます。どっちが得で、どっちかが損をするということは基本的にはありません。状況や条件によって、どちらを優先させるべきなのかが変わってくるため、まずは不動産業者を利用してプロの相談を受けることをおすすめします。

買うのを優先させた場合

次に住む家を見つけてからマンションを売却すると、スムーズに住み替えがおこなえます。マンションのローンが完済していれば、新たに一時的な借り入れ(つなぎ融資)を受けることができますし、仮住まいを用意する必要がないため引越しも1回で済みます。

しかしなかなか買い手が見つからなかった場合、その期間は住まいを2戸持つことになり、そこで下手に焦って売却すると、足元をすくわれて相場よりも安い価格で売却してしまうかもしれません。買うのを優先させた場合は、買い手がつかなくても売却を急がないように気をつける必要があります。

売るのを優先させた場合

売るのを優先させてから新しい住まいを見つけると、一時的な仮住まいは避けられないうえ、引越しを2回おこなわなければいけないデメリットが生じます。しかし新たにつなぎ融資によるローンを組まなくてもいいメリットもありますので、住む家を変えるというシンプルな流れになります。

確実に買い手を見つけてから住み替えができますので、契約を急ぐ必要がないことが売るのを優先させる最大の利点です。

住み替え方法のベストは?

住み替え方法のベストは、住み替え経験の豊富な不動産会社に依頼することです。経験豊富な不動産会社であれば、状況に応じて適切な判断をおこなっていただけます。たとえば田舎の物件でなかなか買い手が見つからなさそうなら、まずは売りを優先させたり、買い手がつきやすそうなら物件なら次に住む家をみつけるのと並行して売却の手続きをすすめていったり、臨機応変にアドバイスをしてくれるからです。

ローンを完済してから住み替えるのがベスト

以前マンションを購入した時よりも収入がアップしているのであれば話は別になりますが、そうでない場合はローンを完済してから住み替えるのがベストです。

まだ完済をしていない人は、住宅ローン残高があっても新たにローンが組める「買い替えローン」を組んで住み替えをおこなう、というケースがほとんどだと思います。ここで気をつけなければいけないことが、借入金が増えることで返済期間が延びてしまうことです。返済期間が延びると定年退職したあともローンを返済していかなければいけなくなるので、ゆったりした老後の生活が送れなくなってしまいます。

65歳までに完済することを目標に住み替えを検討するべきではないでしょうか。