マンションの売却・査定

マンション売却をしたいけど何から始めればいいのか分からない、そんな人が多いのではないでしょうか。

そんな人は、まずマンション売却までの流れを知って、全体的な道筋を立ててあげることが大切です。当サイトでは、そんなプロセスを紹介するほか、マンションを高く売るコツを紹介していきます。

マンション売却までの流れ

マンション売却までの流れ

自分の大切な資産を売る作業になるわけですから、そう簡単に決断しないようにはじめはマンション売却するまでのシナリオを自分でプランニングをしましょう。

マンション売却のほとんどは、不動産業者におこなっていただけます。しかし不動産業者選びに失敗をすると、百万円単位で損をしてしまうことがあるのです。そうならないためにも、ポイントを押さえつつ、用意周到にすすめていきましょう。

マンションの相場価格を知る

まずはマンションの相場価格を知るところから始めていきましょう。
自分のマンションの相場価格を把握することで、次のプロセスである信頼できる不動産業者を選ぶことができます。

相場価格は、不動産業者に見積もり依頼をすることで知ることができますが、すべての業者で同じ査定価格になるとは限らないので、複数の不動産業者に依頼するとよいです。

だたし複数の不動産業者に見積もり依頼をするのは手間がかかるので、一括見積もりサイトの利用を利用すると効率的に相場価格を知ることができます。相場価格を知ってどのくらいで売れるのか、このイメージを作ることが大切です。

マンション売却の業者選び

マンション売却をするときに税金や法律などの規定があるほか、自分で買い手を探すのも難しいことから、取引をサポートするアドバイザーが必要になります。この役割を担ってくれるのが不動産業者であり、売主と買い手の契約をサポートをしてくれます。

ひとくくりに不動産業者といっても数多く会社が存在するため、最低でも3社以上は比べてみて、価格査定の内容や、コミニケーション、サービスを通して不動産業者の信頼性を計り、安心して任せられる不動産業者を絞りましょう。

信頼できる不動産業者を選ぶことが、高値でマンションを売却するコツといっても過言ではないほど重要なポイントになります。

不動産業者にマンションの売却依頼をする

不動産業者に売却依頼をするとは、いわゆる不動産業者と契約を結ぶということです。一社に不動産業者を絞ったら、仲介の依頼をする「媒介契約」を締結します。

媒介契約には、「一般媒介」「専属専任媒介」「専任媒介」の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。いずれも依頼主が選ぶことができため、内容をしっかり把握したうえで自分の意思で選択しましょう。

マンション販売活動スタート

買主を探すのはおもに不動産業者の活動になります。インターネットや広告などに掲載し、そこで購入希望者が現れたら実際の物件の見学がおこなわれるため、事前に掃除、整理整頓をおこなっておくとよいです。

このときに、価格交渉をおこなってくる内覧者も中にはいます。こういった突然の交渉にも対応できるよう、あらかじめ最低限度額を自分で設定しておくといいです。

売買契約から引き渡し

買主と売主の価格が合意したところで、売買契約の手続きがすすめられます。最終的な確認をおこなったうえで、契約書に署名・捺印をして手付金を受け取ります。手続きが完了したら、売り手は物件を退去する期日までに引き渡せるように準備しましょう。

この期日が守れないと、契約が解除されたり、費用が発生したりします。こういったトラブルを避けるためにも、契約後すぐに引越しの手配をおこなうとよいです。

マンション売却でもっとも大切なこと

ここまでざっと、マンション売却までのプロセスを話しましたが、もっとも重要なポイントが何か分かりましたか。

それは、信頼できる不動産業者を選ぶことです。ここを知り合いだから、自宅から近かったから、という理由で決めてしまうと、先にも説明があるように数百万円の損をしてしまうのです。

マンションのみならず、不動産の価値は、日当たり、立地はもちろん、売却時期などによっても大きく変化します。不動産業者によっても、マンションの査定金額が変わってくることから、必ず複数の不動産業者を比較してみることを肝に銘じておいたほうがいいでしょう。

また中にはマンションの査定額をあえて高く設定し、媒介契約を結ぶよからぬ業者もあります。そうすると買い手がつかないという理由から、マンションの価値を下げて売るのを持ちかけられ、相場金額よりも低く売却してしまうことになりかねません。

これは一部の事例になりますが、不動産業者を選ぶときにすこしでも妥協してしまうと、損する原因を自ら招いてしまうことになるのです。

納得がいかないこと、理解できないことがあれば不動産業者にどんどん質問をなげかけてみてください。そのときに面倒な反応をしたり、応対があいまいだったりするそんな不動産業者をどうか選ばないようにしてください。

経験値の高い不動産業者は、このような面倒な対応にも真摯に向き合っていただけます。結局は人と人との取引になりますから、心から向き合える業者を見つけ出しましょう。